CLUB馬券@オッズ理論から算出した統計学3連単投資

医学知識も投稿するかもしれません

競馬をしながら時には麻酔をかけたり、時には救急で働いたり自由気ままに生きています。 統計学とExcelを駆使して8年連続プラス収支。勝ち組に入るには期待値の高い穴馬を見つけることが1番重要。30万円以上の大穴狙いで、推奨できる大穴軸馬(8番人気以降から2頭選定)を公開します。 救急や手術・麻酔の医学知識もつぶやきます。

消化性潰瘍

消化性潰瘍

胃・十二指腸の粘膜下層以深の粘膜が欠損した病態

主な原因は、ヘリコバクターピロリ菌感染と非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)服用の2つ

最近は高齢者の増加、アスピリン使用例の増加によりNSAIDs潰瘍が増加している

主に、胃潰瘍は防御因子の低下、十二指腸潰瘍は攻撃因子の過剰が原因

胃粘膜が胃酸で傷害されない理由

粘液と重炭酸イオンを分泌し、胃粘膜表面にゲル状の層を形成し、この層で胃酸は中和され、そして粘液細胞は絶えずターンオーバーしているため
ただし、NSAIDsにあるプロスタグランジンは酸分泌を抑制する働きがあるため要注意

ピロリ菌が胃酸で滅菌されない理由

高いウレアーゼ活性を持っているため
ピロリ菌はウレアーゼを分泌し、二酸化炭素とアンモニアを産生する
アンモニアは胃酸を中和するためピロリ菌が生存可能になる
そして、アンモニアは胃粘膜を傷害する作用も持つので、ピロリ菌の除菌治療が推奨される

消化性潰瘍の最も頻度の高い症状は上腹部痛・上腹部不快感

バイタルサインとともに、貧血・吐血・下血は潰瘍からの出血を、嘔吐は狭窄による閉塞を、食欲低下や体重減少は悪性腫瘍を、背中への放散痛や上腹部全体の痛みは穿孔を考えて問診する

出血性ショックを示唆する顔面蒼白や不穏、呼吸促迫がないか、冷汗や脈拍微弱の有無も確認する

待機的な上部消化管内視鏡検査でよいのか、輸血・緊急内視鏡が必要か判断する

抗凝固薬、抗血小板薬の服薬の有無も必ず確認する