統計学とExcelを駆使して年々精度を上げてきた完全オリジナルのオッズ理論により、過去7年度の大穴3連単平均回収率(収支)186%(214万)。2020年度は250%(391万)。3連単の軸、買い目を公開。軸は8番人気以降から1〜2頭選定。また、推奨馬も公開。こちらも8番人気以降から1〜2頭選定。日々のネタもつぶやきます。現在中穴3連単を研究中で近日公開予定です。

レースの選定条件

f:id:clubbaken:20210326113339p:plain

儲けるには荒れるレースに投資をしろ!

まず初めに言っておくことがあります。荒れないレースばかり投資していても、的中率は上がりますが儲けることはほぼ不可能に近いです。
なぜかといいますと、こんなデータがあります。単勝馬券の控除率は約20%ですので、単勝を購入し続けたら回収率は80%に近づきます。しかし単勝1人気だけを買い続けても回収率は80%にも届かないのが現実です。

ここで言いたいことは、「荒れるレース」に投資することが重要であるということです。当サイトにおいてもこれがまず第一の条件です。

ここでは荒れるレースを見分ける簡単な方法を解説していきます。

1.1番人気が信頼できないレースを見極める
まず一番人気の馬のオッズを検証します。そして単勝が3倍以上・馬連が10倍以上など、1番人気の信頼度がないレースは候補レースとして取り上げます。

2.単勝30倍以上の馬の数を調べる
次に単勝30倍以下の馬の数を調べます。一般的に単勝30倍を超える馬は3着以内に絡む可能性は低いとされています。ですので単純に30倍以下の馬の数が多いほど荒れやすいといえます。目安としましては、単勝30倍以下の馬が9頭以上、そして出走頭数が12頭以上のレースを狙います。

3.断層に気をつけろ
断層に注意します。これは他のオッズ理論のホームページやブログなどでも重要視されておりますが、これが一番重要です。断層とはオッズの乖離(CLUB馬券は1.5倍以上と定義しております)のことで、この断層の位置と数が非常に重要になります。この断層が上位の位置にあったり数が多いと荒れにくくなる傾向がありますので、その際は勝負レースから除外します。

まとめ
異常オッズに興味がなかった方も、一度オッズに着目してみてください。「あ、このレースのオッズを見直してみると確かに荒れる傾向オッズだ」と発見があるはずです。よく考えてみてください。競馬で儲けるためには必ず馬券を購入しなければいけません。その購入する際に大口投票があれば必ずオッズに何かしらのサインが現れるはずです。当サイトでは、異常オッズをはもちろんのこと、様々な情報な情報をもとに異常馬を検知しています。
今後とも皆様の馬券の手助けになればと思います。