CLUB馬券@オッズ理論から算出した統計学3連単投資

医学知識も投稿するかもしれません

8年連続プラス収支で1000万獲得した年も。統計学とExcelを駆使して年々精度を上げてきております。勝ち組に入るには期待値の高い穴馬を見つけることが1番重要。30万円以上の大穴狙いで、投資対象レースは発走直前に公開しますが、それ以外の推奨できる大穴軸馬(8番人気以降から2頭選定)を公開します。2022年4月よりnoteとレジまぐは閉鎖。Twitterとブログのみ公開。医学知識もつぶやきます。

 

手術・麻酔

ピーターセンヘルニア

ピーターセンヘルニア胃癌術後のR-Y再建の際に横行結腸間膜、拳上空腸およびその腸間膜によって形成される間隙のこと内ヘルニアの原因となる腹腔鏡より開腹手術のほうがヘルニアになる率は高いと言われている吻合後に針糸で、スペースを閉鎖したり、海外では…

フィジオとソルアセトFの違い

フィジオとソルアセトFの違いフィジオは1%ブドウ糖とマグネシウムが入っているレミフェンタニルをしっかり使用し無痛でノンストレスの状態にすることで糖新生が抑制されるため糖を少し入れた方がいいとかなんとかいう理由でフィジオは使用している更にMgを入…

整形のORIFで使用するスクリューの違い

整形のORIFで使用するスクリューの違い皮質骨部分でネジを効かせたいときに使うのがコーティカルスクリューで、手前と反対側の皮質骨を貫くことでネジ止めが発揮される海綿骨部分でネジ止め効果を効かせたいときに使うのがキャンセラススクリューで、反対側…

TIVAとVIMA

吸入麻酔で導入し吸入麻酔で維持をVIMA(volatile induction and maintenance of anesthesia)静脈麻酔で導入し静脈麻酔で維持をTIVA(total intravenous anesthesia)TIVAは術後の悪心・嘔吐が少なく、覚醒の質が良いとされている静脈麻酔の場合、吸入麻酔の2倍…

輸血の適合性検査とT&S(タイプ&スクリーン)について

輸血の適合性(検査)について輸血する血液製剤がアレルギー反応を起こさないことが必要なので、絶対に適合性検査をする必要がある・ABO型判定、Rho(D)抗原、不規則抗体スクリーニング・交差適合試験— CLUB馬券@オッズ理論から算出した統計学3連単投資 (@clubb…

胸腔ドレーン・チェストドレーンバックの役割

胸腔ドレーン・チェストドレーンバックの役割気胸や手術により胸腔内に溜まった空気を体外に排出させるそして手術や感染などによって発生した胸水を排出させる呼吸は横隔膜と肋間筋の動きで胸腔内圧を下げることにより肺に空気が流入するが、気胸や手術によ…

大腿骨骨折の分類と適応手術

大腿骨近位部骨折1.関節包内骨折である頚部骨折2.頚基部/転子部骨折に分けられ、頚部骨折で転位のあるものは人工骨頭置換術転位の少ないものはハンソンピン、CHSなどが行われる頚基部/転子部骨折は、DHSやガンマネイル、PFNAが選択されるDHSは主に安定型の骨…

CVカテーテルの違い

CVポートのカテーテルの違いオープンエンド、グローションの二種類があるグローションの利点使用しない場合、先端に逆流防止弁が付いており逆流しない構造である点滴が滴下する時に先端のスリットが押し広がり、点滴が流れる仕組みになっているある程度の力…

呼吸器の設定

呼吸器の設定分時換気量1回換気量6〜10ml/kg呼吸回数10〜12回/min上記2つをかけたもののため、60〜120ml/kg/minが分時換気量になる体重50kg辺り約3〜6L/min低流量麻酔とは分時換気量の1/2以下すなわちFGF0.03~0.06L/kg/min以下を指す安全に誰にでも使用でき…

術前の欠乏量と術中の維持量

術前の欠乏量と術中の維持量4-2-1ルールで計算する体重10kgまで 4ml/kg/h体重10〜20kg 2ml/kg/h体重20kg以上 1ml/kg/hすなわち、体重5kgなら20ml/h体重10kgなら40ml/h体重15kgなら50ml/h体重20kgなら60ml/h体重40kgなら80ml/h体重60kgなら100ml/h以後10kg増…

レミマゾラム アネレム

レミマゾラム(アネレム)ミダゾラムにレミフェンタニルの構造の一部を組み込み超短時間作用性にしたもの超短時間作用性になったことで持続静注でほぼ一定の濃度を維持することが可能となったCSHTは時間によらず数分(ミダゾラムとの大きな違いである)プロポフ…

悪性高熱症と治療

筋肉は異常な収縮を続けると筋細胞が壊れ、筋細胞内にあった物質が血中にたまり、腎臓での排泄が間に合わず、腎臓に障害をきたすことがあるその他にも血中が酸性になったり、カリウムの値が高くなったりして生命が危険な状態になる#手術 #麻酔 pic.twitter.c…

脊髄くも膜下麻酔で起こる馬尾症候群

脊椎麻酔による馬尾症候群1〜5万に1人の割合で下半身の知覚異常、運動障害、膀胱直腸障害などを生じることがある通常24~72時間以内に回復する神経障害の回復は非常に困難で不可逆性であることが多い症例報告の大部分はリドカインによるものであるが,ブピバ…