統計学とExcelを駆使して年々精度を上げてきた完全オリジナルのオッズ理論により、過去7年度の大穴3連単平均回収率(収支)205%(232万)。2020年度は288%(425万)。3連単の軸、買い目を公開。軸は8番人気以降から1〜2頭選定。また、推奨馬も公開。こちらも8番人気以降から1〜2頭選定。日々のネタもつぶやきます。


名馬

サドラーズウェルズ系

カーネギーサドラーズウェルズの直仔で主な勝ち鞍は凱旋門賞。母デトロワと母仔二代凱旋門賞制覇を達成。競走馬引退後は 種牡馬として日本に輸出されたが多くの活躍馬には恵まれなかった。ブルードエアメサイアーとしてG1を6勝挙げたモーリスを輩出している…

キングマンボ系

メールドグラースルーラーシップの直仔(キングマンボ系)で、主な勝ち鞍は2019年のコーフィールドカップ。2021年3月30日にトルコで種牡馬入りすることが決定し、今後の産駒に期待がかかる。平成最後の重賞馬ともいわれることがある。#名馬 #オッズ理論 #サイ…

オーム系

ご存知の方もおられるでしょうが、乳業で有名な小岩井牧場は元々多くのサラブレッドを輩出した名門牧場なのです。あのセントライト記念の由来ともなった、日本初の3冠馬セントライトなどがいるのです。 pic.twitter.com/MQ3ACsJEjA— CLUB馬券@オッズ理論から…

ストームキャット系

タバスコキャットストームキャットの直仔で主な勝ち鞍は米クラシック二冠。サンタアニタ競馬場で脱走騒ぎを起こし暴走を止めようと立ち塞がった管理人の息子と衝突する騒ぎがあり、命を取り留めたものの後遺症が残ったまま58歳で他界したという経緯がある。…

ヌレイエフ系

コスモバルク地方出身の、父はヌレイエフ系ザグレブ。主な勝ち鞍はシンガポール国際G1。JRA三冠レースすべてに出走し道営のエースと呼ばれた。秋の天皇賞での大斜行は有名で、五十嵐騎手と、カンパニー騎乗の福永祐一騎手の間で一悶着もあった。#名馬 #オッ…

デインヒル系

ファインモーションはデインヒルの直仔で日本で調教された外国産馬。骨折もありオークスは出走できなかったが、秋華賞・エリザベスと楽々勝利した。武豊は検量室前で怪物や!と一言漏らしたそう。医学的に受胎が不可能であり、繁養中である。#名馬 #マル外 p…

ノーザンテースト系

マチカネタンホイザはノーザンテーストの直仔で、産駒の中では最高賞金を獲得した馬である。非常に乗りこなすのが難しく、厩舎でのあだ名は「ハナモゲラ」であった。#名馬 pic.twitter.com/0TrSEENxWo— CLUB馬券@オッズ理論から算出した統計学3連単投資 (@cl…

リファール系

シリウスシンボリリファール系父がモガミで主な勝ち鞍はダービー。欧州遠征にも挑戦したが1つも勝利を収めることはできなかった。馬主と調教師との間で対立があり移籍騒動などもあった。主戦騎手は加藤騎手。和田馬主はルドルフに続き2年連続のダービー制覇…

ニジンスキー系

レオダーバン。マルゼンスキーの直仔。菊花賞トライアルの敗戦や気性の激しさといった不安材料から、菊花賞では単勝3番人気にとどまったがクラシックに出走できなかった父マルゼンスキーの代わりに見事勝利を収めた。同世代にトウカイテイオーがいる。今日も…

ヴァイスリージェント系

カレンチャンヴァイスリージェント系クロフネの直仔で、主な勝ち鞍は2011年のスプリンターズS、2012年の高松宮記念で、牝馬によるスプリント秋春制覇はフラワーパーク、ビリーヴに続き史上3頭目である。特徴的な馬名は馬主の娘さんの名前からである。#名馬 p…

ニアークティック系

ワイルドラッシュニアークティック系ワイルドアゲインの直仔で、アメリカでG1を2勝し種牡馬に。16戦8勝で2着はなく3回の3着も現役最後のクラークHを除けば内容的に大敗であり、勝つか惨敗するかという不安定な競走生活だったトランセンドなど多数の活躍馬…

ノーザンダンサー系

ラストタイクーンノーザンダンサー系。主な勝ち鞍はBCマイル。欧州短距離路線のトップホースであった。種牡馬としては日本ではアローキャリーなどを輩出した。海外含め48頭の産駒のうちチャンピオンクラスが9頭と種牡馬としてかなりの成績を残した。#名馬 #…